HOME >  当協会について >  会長挨拶

会長挨拶

設備設計 027  

会長 井村俊文

 

『低炭素社会の早期実現を目指して。』

 

当協会は昭和44年5月に広島県内の建築設備を専門的に設計する人達で広島県設備設計家協会として設立し、その後、広島県の認可する公益法人として平成3年8月に社団法人広島県設備設計事務所協会として設立しました。

また、公益法人制度改革により平成25年4月1日に一般社団法人広島県設備設計事務所協会へ移行しました。

 

 

近年、日本各地に起きまして、異常気象とも思える災害が多発しており、低炭素社会の構築が急務であることを目の当たりにしております。特に当地域では水害が多く発生しており、設備改修業務も増大の一途となっております。

当協会では、積極的に地球環境問題等の専門知識を取り入れ、次世代に繋ぐ建築設備設計を行って参ります。

 

また、当協会では、この度より理事の若返りを図りました。今後の設備設計業界が益々発展していくため、活発な意見交換を行っております。育成・講習会に加え、会員増強も不可欠です。

会員一丸となって取り組んで参りたいと思っておりますので、皆様のご指導・ご鞭撻をお願い申し上げます。

 

 

 

pagetop