HOME >  当協会について >  設備設計とは?

設備設計とは?

建築設備の位置づけ

社団法人 広島県設備設計事務所協会

 建物は、意匠、構造、建築設備で構成されています。

 良い建物は、設計技術者、構造技術者、設備技術者の技術力が、一体となって生まれます。

建築設備の重要性

 建物の構成要素である「意匠」は容姿で、「構造」は骨格、「建築設備」は頭脳、神経、循環器、消化器、血管等に該当します。従って、建物がその機能を十分発揮するためには、「設備設計」の役割が大切です。

当協会の位置づけ

 協会は、お客様のために、行政・各種団体との両輪で、良い建築設備(高品質で低コスト)の創造に寄与しています。

 協会では、公益的な事業や、会員間での技術研鑚など多くの事業を実施しています。なお、協会は正会員と賛助会員で構成しており、正会員は、建築設備の設計・監理を業として行っています。

事業内容等

■建築設備に関する技術及び苦情相談
  • 無料相談会の実施
  • 協会内に技術資料及びメーカー各社のカタログを展示し自由閲覧
■業務責任の確立
  • 各種法律、基準を遵守する活動
■適正な業務報酬の調査・研究
■迅速な情報伝達
  • 「未来の風」「設友」の発行
  • 協会ニュースの発行
  • 技術資料などの配布
■社会的地位の向上
  • 設備設計事務所の業務内容のPR
  • 建築設備士資格者の資格法制化の推進
  • 設備設計事務所の登録制度の推進
  • 設備設計の分離発注推進
■技術向上
  • 講習会、研修会、見学会の実施
  • 協会内に設備図書を展示し、自由閲覧
  • CAD等、設計効率化勉強会の実施
■建築行政に関する協力推進
  • 建築設備士等の免許取得に関する講習、 及び指導
■行政・各種団体等からの調査・研究受託
■事務所経営に関する調査・研究
■福利厚生の充実
  • 会員相互の親睦活動

設備設計では品質とコストを重視

 技術者の使命は、建築設備の設計・監理において、お客様に良い品質を安く提供することです。

 このため、設計ではお客様のニーズを聞いて、品質とコストのバランスをとって行います。

建築設備のいろいろ

pagetop